不動産購入には色んな優遇制度があります。それらをしっかりと学んだ上で購入に踏み切りましょう。

不動産売買における公簿売買と実測売買

不動産売買における公簿売買と実測売買

不動産購入には色んな優遇制度があります

不動産購入には色んな優遇制度があります。それらをしっかりと学んだ上で購入に踏み切りましょう。色んな細かい規定がありますから、一概にいえないのがもどかしい所です。それだけにちゃんと調べる必要があります。住宅ローン減税の場合では、長期優良住宅という条件や平成29年12月31日までに入居された方となっています。その場合にはなんと最大で500万円もの控除が得られるのです。

それから住まい給付金というものも存在します。これは平成27年9月31日までに入居する事が条件となっていまして、最大で30万円の給付金がもらえます。そして固定資産税もすごく気になる所ですが、実は最初の5年間に半額に減税される制度もあります。条件がやはりありまして、120平米までの部分が減税対象となります。そして平成28年の3月31日までとなっています。またこれは長期優良住宅の場合となっています。

たったこれらの事をしっかりと学ぶだけで、大きな違いがでてきます。うまく政府からの援助を受けながら上手な不動産の購入をしたいものですね。一生の買い物というくらいですから、慎重になりつつも、こういう援助をしっかりと活用するべく一歩踏み込む勇気も必要ですね。