不動産売買契約における注意点の一つに売買価格の決め方が公簿売買なのか実測売買なのかがあります。

不動産売買における公簿売買と実測売買

不動産売買における公簿売買と実測売買
不動産売買における公簿売買と実測売買

不動産売買における公簿売買と実測売買

不動産売買は素人ではわからない法令や慣習がたくさんあり、いわゆる不動産屋、宅地建物取引業者といったプロの力を借りないと実質的にうまく売買できないことが多いです。もちろん自分一人でやることも当然可能性ですが、いろいろなリスクを考えると力を借りた方がよいでしょう。しかし、ある程度自分自身で知識をつけておかないと、特に契約書に関することは自分の理解していることが正しいかどうか判断できなくなってしまいます。

そんな不動産の売買契約における注意点の一つに土地の価格の決め方があります。通常、土地は、1の価値に地積を乗じて価格を算出する方法をとることが多いです。この1当たりの価格はいろいろ交渉して納得したとしても、乗じる面積に誤解があると大変なことになります。この面積に関する決め方に公簿売買と実測売買の二つがあるのです。契約書で明確にしてあると思いますのでよく確認をすべきです。

公簿売買は、実際の地籍が登記面積と違っていても登記の面積で計算し、あとで実際との差を精算などしない方法です。一方実測売買は、最終的に実際の面積が登記など価格交渉の場で使われていた面積と違っていた場合、実際の面積との差分を精算する、つまり実際の面積で計算した価格で売買をするという方法です。